パート薬剤師として働く場合の実情


女性の薬剤師の場合は
<結婚・出産などで一度退職して、その後パート薬剤師として勤務する>
というケースはとても多いですね。

一般的には大学卒業をして就職し結婚や出産を契機に退職し、
子どもに手がかからなくなってパート薬剤師として働くという
パターンになるでしょう。

ここでは、パート薬剤師として働く場合の実情と転職のポイントを
ご説明いたしましょう。


今は薬剤師不足になっていますから、売り手市場ですので良い条件で
就職できると思いますからチャンスです。実際にはパート薬剤師の
約70パーセントは30歳代から40歳代の年代の人たちが中心になっています。

中でも女性の薬剤師はあちらこちらで頻繁に見かけますし、
女性の大部分はパート薬剤師として働いていると思います。


一週間の労働時間が20時間未満で年収が200万円に届かない人が50パーセント
以上といわれいます。これはパート薬剤師でも一週間の労働時間によって
健康保険に入れるかどうかが異なってくるからです。

家庭の事情と照らしながら一番良い方法で就職を考える必要があります。
ご主人の扶養の中で済ませるという条件ならば労働時間を調整して減らさ
なければならないこともあるでしょうし長期的な展望で検討したいところです。

パート薬剤師として働く場合の希望条件として多いのが、
<自宅から近い勤務先>であることです。
その次に多い希望が時給が少しでも高いということになりますが、
何から何まで条件を満足することを待っていては、なかなか仕事を決める
ことはできないでしょう。

そんな時に役立てて欲しいのが<薬剤師専門の転職サポートサイト>です。
こういったサイトに登録しておけば、あなたの細かい要望を満足できる
求人情報を紹介してもらえます。

登録は必要ですが利用料金などは不要ですし積極的に活用すれば就職に
失敗することも少なくなるでしょう。自分で探すと言っても限界があるし、
非公開の求人情報は見ることができませんからね。


パートで仕事をする以上は、患者様のみならず常勤薬剤師の役立つサポートを
しなければなりません。あなたがしっかりとパート薬剤師としての役割を
果たすことによって常勤薬剤師は心配なく休憩できるし休暇をとれるのです。

パート薬剤師は常勤薬剤師のサポートというとても大きな貢献をして
いますから、やりがいのある仕事であることは間違いないです。
けれども、無理に仕事をするのは長続きしませんから、
あなたの希望や待遇をクリアすることが大事になります。

以上、パート薬剤師として働く場合の実情と転職のポイントをご紹介しました。
転職サイトのコンサルタントを味方につけてフル活用し、
少しでも良い条件の職場を見つけましょう。




このページの先頭へ