パート薬剤師、A社とB社の選択


二社から内定をいただいて、どちらの職場にするか……贅沢な悩みかも
しれませんが、よくあることですね。
ここでは、幼稚園児を抱える36歳の転勤族の奥様パート看護師の悩みをご紹介します。

相談者:「私はブランクが1年半あって、調剤薬局の薬剤師歴は13年になります。
現在就職活動中で二社から内定をもらって返事をしなければなりません。
自分できめなければならないのは承知しているのですが、アドバイスを
いただければと思っています。

A社の特徴を列記します。
(1)地方大手と言われる調剤薬局で研修システムや調剤システムは充実しています。
(2)市の中心部にありますから処方箋の内容は多種多様になり、
在宅や無菌調剤も行っています。
(3)通勤や通園にバスが必要になり約40分かかります。
(4)若手の独身薬剤師が多くて、子持ちパート薬剤師の急な事情の休みに理解を
得られるか不安があります。
(5)見学した際の現場社員の印象がクールに感じました。


B社の特徴を列記します。
(1)中規模調剤薬局で地域密着型ですが、最低限度の調剤システムは揃っています。
(2)約束処方が多いですから処方箋の枚数も少ないようです。
(3)30歳代の薬剤師が多く家庭の事情で急な休みも取りやすい印象があります。
(4)子どもの幼稚園にとても近いので送り迎えが楽です。
(5)見学した際の現場社員がとても楽しく生き生きと仕事をしているのが
印象的でしたが、あまり勉強熱心ではない様子でした。

今後、主人の転勤で就職活動をすることになると6年制の薬剤師が登場してきます
から薬剤師が飽和状態になりますし私の年齢的なものも含めて考えると厳しい
環境になるでしょう。

ここで一挙にスキルアップを兼ねて仕事をするのが一番と考えるとA社になるの
ですが、子どものことを考えるB社も捨てがたく迷いに迷っています。
皆さまならどちらを選ばれるでしょうか?」

アドバイザー:「お休みの対応についてですが、運動会・卒園式・入学式とかは
結構かぶりますのでB社は意外とお休みがとりにくい場合もあります。
A社が若手中心ならば身軽だから対応してくれやすいかもしれないです。


私は去年出産を経験しましたから、育児しながら仕事をすることの難しさを
身にしみて感じます。独身の頃は子育ての大変さがわかりませんでしたから、
子どもの体調を理由に急に欠勤や早退する方と一緒のシフトになるのが
とても苦痛に感じていたことを思い出しました。

子供を持ってみて急に熱を出したり体調が悪くなったりするのが理解できるのです。
そういった意味では育児の大変さを知っている人たちが身近にいる職場の
ほうがよいと思います。

幼稚園の送迎や子供の急な体調悪化の際の都合上も近所にあるB社の
良いのではないでしょうか」

以上のようなアドバイスです。
自分のスキルアップをとるのか、子どもをとるのか……
あとはご自身で判断してください。





このページの先頭へ