指標として薬剤師の年収を知ろう


薬剤師の平均年収をご存知でしょうか。
薬剤師の勤務先は多くの種類がありますが、一般的な病院勤務の場合の
平均の年収は、400~650万円ほどとなっています。

公務員薬剤師として勤務する場合は、さらに高い金額が期待できますので、
資格の併用は非常に意味のあるものだといえるでしょう。

公務員薬剤師の場合は、国立の病院に勤務することもできますので、
求人情報を探す彩にも、より広い範囲を探すことができます。


気をつけなければいけないのは、あくまで平均の年収は指標であると
いうことです。

薬剤師の勤務では、病院に依存するところが大きいという現状があります。
その年収に付随する、処遇や待遇などは、病院によって大きく変わって
きてしまうのです。

通常よりも厳しい状況下で働かざるをえない場合、つまり離島や僻地など
で勤務を強いられる場合は、やはり平均年収が大きく上がっている傾向に
ありますが、精神的にも大きく負担を抱えることとなるので、
それなりの覚悟が必要となります。


薬剤師は、専門的な知識を多く必要とする職業であるため、幅広い知識や
ノウハウがとても重要になります。
しかしながら、その分、働く先も多いというのが魅力です。

病院はもちろんのこと、薬局やドラッグストアなどの、専門知識をそのまま
生かす職場、製薬会社などの研究に生かす職場、化粧品や食品など、
専門の知識を商品として生かしていく職場など、多くの種類があります。

求人情報を探す上では、自分がどのような職場で働いていきたいかという
ことを明確にすると良いでしょう。


求人していく上で、もっとも大切になるのは、自分が求めている職場環境で
あるかどうかという点です。そのために、求人サイトを多く利用してみたり
する工夫を加えることや、地域ごとの求人に焦点を当ててみることに加えて、
自分の理想としている職場があるかどうか、といった視点も身につけておく
べきでしょう。

自分にぴったり合った職場を選び、薬剤師として活躍できるように
応援しています。





このページの先頭へ