精神科専門薬剤師とは


精神科専門薬剤師とは、その名のとおり、
精神病に関連した病に悩む患者の治療を目的とした専門薬剤師です。

患者に対して直接話をするのは医師ですが、その患者に対して、
どのような薬なら負担をかけずに摂取できるか、などといったことを
考慮していくのは、薬剤師の役目です。

その薬剤師の中でも、特に精神科の薬に詳しく、現場の状況把握能力も高く、
患者とのコミュニケーションもとれる人というのが、精神科専門薬剤師と
して求められています。


精神科の患者は、年々増加傾向にあります。
精神科における治療は、薬物療法がメインとなりますが、副作用も非常に強く、
なかなか飲みたがらない患者さんが多いというのも現状です。

医薬分業が進んでいる現状とあわせて、精神科でも、薬物の知識は
専門薬剤師に任せることによって、医師の負担を大幅に減らし、
治療の制度をあげているのです。


精神科は、症状にあわせて薬を提供していくというよりは、
その患者さんが悩んでいることをいかにして軽減できる薬物療法を
提供していくかがキーワードになります。

そのため、患者の体調や変化等に気をとめつつ、医師や看護師の話から、
どのような薬が合っているのかを考えていく必要があります。
患者へ円滑な治療を行っていくため、専門薬剤師の必要性は、
年々高まっているのです。


がん専門の薬剤師や、感染制御薬剤師に比べ、あまり目立たない
精神科薬剤師ですが、その需要は大きく、このままの現状では圧倒的に
数が足りません。

精神科の治療は長くなることが一般的ですので、最初から最後まで患者を
見守ることによって、それが患者の安心感へと変わっていくのです。

医師の指示を聞くだけでなく、服薬指導などを通し、
患者とコミュニケーションをとりながら、共に治すためのサポートをして
いくというのが、今、患者からも医療現場からも求められているのです。


精神科専門薬剤師は、認定薬剤師の認定試験の合格条件も、
専門薬剤師の認定試験の合格条件も、決して簡単なものではありませんが、
とても大きなやりがいのある職業です。





このページの先頭へ