ブランク有の薬剤師が再就職するには?


結婚を機にいったん退職した方も、子育てが一段落した頃、
再就職を考えると思います。子どもに手が掛からなくなってくると
一安心ですが、今度は学資等の出費が増え始める時期にさしかかりますね。

「薬剤師の資格を活かして、もう一度働きたい」と望むものの、
多くの方が「ブランク」を気にして迷いが生じるようです。
確かに、医学は日進月歩で進化していますし、それに伴い多くの新薬が
開発され、法改正も数多く行われています。


ですが、せっかく取得した薬剤師資格なのですから、あきらめる必要はありません。
公益財団法人・日本薬剤師研修センターの「研修認定薬剤師制度」を利用しましょう。

この制度は、勉強内容をレポートにして提出すると、審査の後、
単位認定されるものです。認定期間内(新規4年、3年毎に更新)に所定の
単位を取得して申請すると、研修認定薬剤師として名簿登録され、
認定証が発行されます。

日本薬剤師研修センターのホームページで公表される公的な認定証なので、
履歴書に載せることができます。独学で勉強しても相手に伝わりにくいので、
認定証は大きなメリットになります。

自分で学習する場合、取得単位の管理などのサービスを提供する
「薬剤師研修支援システム 」を活用すると良いでしょう。
登録料・利用料は無料です。

テキスト(薬学生・薬剤師のための6年制カリキュラム対応自己研修eラーニング
CD付)を購入し、インストール後は1年以内で修了するようにしてください。
ただし、1年を過ぎると単位が無効になるので要注意です。


研修センターや学会等が主催する研修会には、積極的に参加するようにしましょう。
(開催情報や申し込みは、研修センターのホームページから)

また、「実習研修」は特に参加をおすすめです。
薬局製剤、医薬品試験、工場見学会などのほか、バイタルチェックトレーニング
や注射薬調剤実習などの「臨床体験実習」も行われています。

「研修認定薬剤師制度」を活用して、ブランクの心配を解消し、
さらに上のスキルを手に入れてください。





このページの先頭へ