薬剤師としての転職


薬剤師の資格をとって高いお給料を貰えるかどうかは職場によります。同じ薬剤師でも職場によってこれほどまで違うのか、と感じるでしょう。


製薬会社でMRとして勤務をする以外にも、病院で働く薬剤師も高収入のチャンスがあります。勤める病院によって異なりますが、ベッド数が多い病院だとその分薬剤師の役目も増えるためか、貰えるお給料は多くなります。

ただ薬を調剤するだけではなく、患者さんへの薬の説明も薬剤師が行っていることもあります。

中でも専門薬剤師という役目で、医師や看護師と協力をして患者さんへ薬について説明をしたり処方をしたりということもありますので、そうなると更にお給料はアップすると思います。


どのような場所で働くかによって分かれてくるお給料ではありますが、やはり誰だって貰えれば貰えるほど嬉しいに決まっています。頑張って少ししか貰えないとなると、仕事のやる気も次第になくしてしまいます。

そこで転職を考えた場合、今よりも条件が悪い場所への転職は絶対にしないようにしましょう。転職の専門サイトなどでは、仕事の検索が楽に行えます。
そこで収入の希望額を入力することもできるので、それ以下は応募しないというように決めて活動していくといいと思います。ただし、待遇のいい求人はその分応募数も増えてきます。

競争から一歩抜け出すためには、非公開求人をチェックするのも手です。多くの転職サイトでは、登録していない人でも求人は見られるようになっています。


しかしそれは一般公開している求人のみで、非公開求人は登録をしている人にしか見られないようになっています。非公開求人をゲットすることができれば、倍率が低い段階で応募をすることもできます。

求人をチェックする際には、お給料はまずチェックします。そして、そのほかの待遇面についてもしっかりと確認しておきましょう。

福利厚生が充実している職場を選んでください。長く安心して働ける職場を探すためには、やはりお給料と福利厚生面が大事です。





このページの先頭へ