調剤薬局での薬剤師


薬剤師の職場の中の一つ、調剤薬局での仕事について考えていきたいと思います。調剤薬局というのは、処方箋を受け取って、患者さんへ薬を販売する場所です。

少し前までは、病院で貰っていた薬ですが、これが医薬分業ということで調剤薬局で行われることになりました。しっかりと分業することでより効率的な医療が可能となるからです。


多くの場合がその病院の近くの調剤薬局で薬を貰うことになると思いますが、特にそれは指定ではありません。ただ、処方箋に書かれた薬がちゃんと取り扱われていて、すぐに受け取れる確率としては近くの調剤薬局が間違いないとは思います。

調剤薬局は病院で診察後にもらった処方箋も持っていくのみです。そしてお薬手帳も持っていると便利です。

今までどんな薬を飲んでいたのか、今現在飲んでいる薬はあるかどうかを薬剤師が把握するのにとても役立ちます。薬は飲み合わせなどもありますし、色々な病院で薬を貰って飲んでいる場合は、まとめてチェックすることができます。

お薬手帳は医師が処方した薬しか載っていませんので、別にドラッグストアなどで手に入れた薬などを飲んでいる場合は、できる限り伝えるようにしてください。


副作用を起こさないためや、薬の効能を悪くさせないためにもお薬手帳は1冊持ちましょう。薬剤師は、医師が処方した薬を間違いのないように処方します。

医師も絶対ではありませんので、薬の飲み合わせとしてあまり良くないものが処方されていることもあります。これは、飲んでいる薬を医師が把握していないという場合もあります。ここで薬剤師が飲み合わせなどをチェックできます。

薬剤師と医師の連携で本来処方すべき薬に変更ということもできますから、調剤薬局で勤める薬剤師にとって、ここは大事な仕事となります。患者さん一人ひとりの薬歴を管理するのも大切です。


調剤薬局での薬剤師としての仕事は、主に処方した薬を患者さんに提供すること。提供するだけでなく、患者さんにとっていい薬であるかどうかをチェックすることも含まれます。





このページの先頭へ