薬剤師の平均的な給与額について


薬剤師の給料に関してですが、どの業種で働くのかによって大きく違ってきます。また、パートやアルバイト、派遣社員など、雇用形態によっても違ってくると言えるでしょう。そこで、今回は正社員として働く薬剤師の平均的な給与額について、ご紹介していくことにします。

まず、多くの薬剤師が勤務を希望する職場といえば、病院での勤務です。収入だけではなく待遇も比較的恵まれていることから、大変人気が高いといえるでしょう。


気になる給料についてですが、初任給であれば月収20万円程度だといわれています。年収にすると350万円近くになることもあるようです。

また、病院勤務といっても、規模の大きさから始まり、民間の病院なのか、公立の病院なのかによっても給料や待遇は違ってきますが、基本的には公立の病院の方が恵まれているといえそうです。

それから、病院と同様に人気が高い職場といえば、調剤薬局を挙げることができます。調剤薬局の場合も、病院勤務とそれほど変わりはありませんが、若干給料の金額は高いといえるでしょう。初任給で、月に30万円近くなることもありますし、場合によっては年収400万円となるケースもあるといえます。


次にご紹介するのは、ドラッグストアですが、最近は全国各地に点在するようになり、求人数も年々増えてきているようです。薬剤師本来の仕事とは違い、棚卸やレジ打ちなどの雑用もこなさなければなりませんが、病院や調剤薬局で勤務するよりも、待遇面で恵まれていることがほとんどです。

初任給で月収30万円を超えることは、決して珍しいことではありませんし、年収にすると400万円を軽く超えます。

最後にご紹介するのは、製薬会社です。製薬会社に勤務する薬剤師といっても、業務の内容が多岐に亘るため、待遇や給料も変わってきますが、初任給は病院や調剤薬局と大きく違いはありません。


ただし、会社の業績によって給料が変わってきたり、営業の仕事に携わることとなれば、業績によってボーナス額なども変わってきますので、人によっては年収1千万円を超えることもあるでしょう。




このページの先頭へ